FC2ブログ

関西学院大学 新月塾 ブログ Kwansei Gakuin Crescent School Blog

新月塾は、関西学院を卒業し、首都圏で頑張っている若手および中堅同窓生のための集いです。

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013年の大河ドラマは同志社が舞台に!

(Yahooニュースよりの抜粋)

(Quote)

 NHKは22日、13年の大河ドラマを同志社大学を創設した新島襄の妻・新島八重を主人公にした「八重の桜」に決定し、主演に女優の綾瀬はるかさんを起用することを発表した。綾瀬さんは大河ドラマ初出演でいきなり主役の座を射止めた。戊辰戦争の落日、会津の鶴ヶ城に500人の女たちと立てこもり、銃を持って戦ったことから「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれる男まさりの主人公・八重を、綾瀬さんがどうりりしく演じるかに注目が集まる。

 綾瀬さんは「八重さんの心意気を一生懸命演じて、少しでも心が温まるような、日本中が元気になるような作品をお届けできるように一生懸命頑張りたいと思います」と抱負を語った。

 新島八重(1845~1932)は福島県出身で、元祖ハンサムウーマンなどと呼ばれ、明治時代にエネルギッシュに生き、皇族以外の女性として初めて政府から叙勲を受けた。「八重の桜」は3月の東日本大震災を受け、福島県を舞台に、被災地だけでなく日本全体が活力を取り戻すことをテーマに制作される。大河ドラマで近代が舞台となるのは、86年の「いのち」(橋田壽賀子さん作、三田佳子さん主演)以来27年ぶり。脚本は「ゲゲゲの女房」の山本むつみさん。

(Unquote)


 このニュースを聞いて、同志社の関係者は大喜びでしょうね。なんせ天下の大河ドラマですからね。1年かけて全国中に、同志社の名前と歴史が語られるわけですから、しかも綾瀬はるか主演ですからね、これ以上の宣伝効果があるでしょうか?

 「阪急電車」の映画化で少し気を良くしていたのですが、これは逆転満塁ホームラン打たれましたなあというのが悔しいけど率直な感想です。

 それじゃあ、同志社のライバルである関西学院としては、ランバス先生の伝記を映画化しますか?いや、もうちょっとがんばって、せめてNHK「朝の連続テレビ小説」くらいで、神戸を舞台に取り上げてもらいたいものです。
スポンサーサイト

| 学校・教育 | 23:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT