FC2ブログ

関西学院大学 新月塾 ブログ Kwansei Gakuin Crescent School Blog

新月塾は、関西学院を卒業し、首都圏で頑張っている若手および中堅同窓生のための集いです。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勉強で頑張る学生さんのgood newsです!

 いつもはスポーツで活躍する学生さんを紹介していますが、本日は勉強で活躍している学生さんの快挙を紹介します。

(1)経済学部の林宜嗣ゼミの学生が、納税協会連合会「税に関する論文」一般の部で優秀賞を、日本港湾経済学会「第5回研究懸賞論文(喜多村賞)」で奨励賞を受賞しました。(2010年10月20日)

 「税に関する論文」と「研究論文(喜多村賞)」で林ゼミが受賞!

①納税協会連合会 「税に関する論文」 一般の部-優秀賞

■論文タイトル
  『財源調達手段としてのたばこ税増税-アンケート調査を用いた実証分析-』
■執筆者
  関西学院大学経済学部 浅見 裕太、安藤 里恵、高田 亜衣、楢原 真治、西山 明寿花、増尾 瑠美

※ゼミのOB・OGおよびその知人等にアンケート調査を行い、その結果を用いて分析をしました。
※納税協会連合会「税に関する論文」~「税に関する論文」は、租税等に関する研究の奨励、研究レベルの更なる向上並びに学術研究に対する助成に寄与することを目的としてひろく全国から募集しています。

②日本港湾経済学会 「第5回研究懸賞論文(喜多村賞)」 奨励賞

■論文タイトル
  『DEAを用いた日本の空港効率性分析-非裁量要因を考慮して-』
■執筆者
  関西学院大学大学院博士課程後期課程 林 亮輔
  関西学院大学経済学部 井上 雄介、堂埜 幸恵、直木 美都、中 遥香、萬代 吉浩、森田 義樹

※この研究は、メンバーに研究員の林田吉恵を加えて、12月の国際公共政策学会で報告することが認められています。
※日本港湾経済学会「研究懸賞論文(喜多村賞)」~日本港湾経済学会は、1962年に港湾および空港等に関する総合的な学術・学際研究を行うことで設立された学術団体。港湾および空港に関する社会科学の研究を支援・奨励するという趣旨に基づき、「研究懸賞論文(喜多村賞)」を公募しています。


(2)「日経TEST」学生団体対抗戦ゼミ部門で平山ゼミが3位入賞(2010年9月16日)

 経済学部の平山健二郎ゼミが、日本経済新聞社主催の「日経TEST(日経経済知力テスト)」の2010年春・学生団体対抗戦ゼミ部門で見事、3位に入賞しました。 
 同テストは、全国の大学・短大・専門学校の学生が、ビジネスに必要な知識や考える力を競うもので、平山ゼミのメンバー24人は昨年秋頃から、1日1件、持ち回りで日本経済新聞から興味を持った記事を要約しコメントするなど準備を続けてきました。大変立派な成績です。
 因みにゼミ部門1位は3年連続で早稲田、2位は青山学院でした。グループ部門での1位は一橋でした。

 「日経TEST」学生団体対抗戦ゼミ部門で平山ゼミが3位入賞

 日経TESTの学生団体対抗戦 結果発表

 学生の本分である勉強のフィールドで、他大学を凌ぐ業績を出すことは、本人だけでなく周囲の学生にも大いに刺激になります。大学でしっかり勉強したことが自信となり、就職活動でも実力を発揮し、卒業後もそれぞれの進路において大いに活躍され、KGの名前をさらに高める人材に成長していただけるものと思います。

 最近アカデミックな点で、good newsが続いており、大変うれしいことです。スポーツのみならず、まじめにこつこつ勉学に励んでいる優秀な学生に対して、そしてもちろんその指導教授である熱心な先生に対しても、同窓会からの寄付金を充てて、表彰または研究費を援助していくような「アカデミック・サポート同窓会寄付金」のような仕組みが出来ればよいと思います。これからも、先生、学生さんとも大いに頑張って、KGのアカデミックなレベルの高さを広く知らしめて下さい!応援しております。
スポンサーサイト

| 学校・教育 | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT