FC2ブログ

関西学院大学 新月塾 ブログ Kwansei Gakuin Crescent School Blog

新月塾は、関西学院を卒業し、首都圏で頑張っている若手および中堅同窓生のための集いです。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

関学経済学部がRePEcのTop25%にランクイン!

econ

 RePEc (Research Papers in Economics)の「日本のトップ25%の経済学研究機関とエコノミスト」ランキングにおいて、日本の経済研究機関で関学の経済学部(School of Economics)が12位にランクされました。日本の私立大では2010年4月現在でトップということになります。

 RePEcは、英語で書かれた経済学分野の学術論文等(ワーキングペーパー・雑誌記事・論文)を収集したデータベースであり、研究成果を発信することが目的となっています。世界70カ国から、約60万件の論文等の登録があり、その多くは無料で利用することができ、経済学分野での認知度は高いです。

 みなさんもよくご存知のとおり、関学の経済学部は高商以来の伝統を誇り、経済学会においても高い評価を得てきた名門であります。ランキング上位には東大、京大、そして経済学部を(文系の)看板学部とする阪大、一橋大、神戸大、慶應大、関学大が上がっています。

 なお、日本人の研究者トップランキングには、経済学部の藤井英次先生(国際経済学)がランクされています。その他、RePEcには、鈴木克彦先生(国際経済学)、土井教之先生(産業組織論)、利光強先生(国際経済学)、大洞公平先生(行動経済学)、藤原憲二先生(国際貿易論)、東田啓作先生(国際経済学、資源経済学、環境経済学)、猪野弘明先生(産業組織論)、加藤雅俊先生(企業経済学、産業経済学)、栗田匡相先生(開発経済学、国際経済学、環境経済学)、松枝法道先生(環境経済学、応用ゲーム理論)、岡田敏裕先生(マクロ経済学)、新海哲哉先生(理論経済学、応用ミクロ経済学)、田畑顕先生(経済成長論、公共経済学)、山鹿久木先生(都市経済学、計量経済学)の研究業績が登録されています。

 これからも、世界に(もちろん英語で!)発信する、関学の経済学部の先生たちのグローバルなご活躍をお祈りするとともに、我々卒業生も誇りを胸に頑張りましょう!

RePEcのランキング
スポンサーサイト

| 学校・教育 | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT