FC2ブログ

関西学院大学 新月塾 ブログ Kwansei Gakuin Crescent School Blog

新月塾は、関西学院を卒業し、首都圏で頑張っている若手および中堅同窓生のための集いです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

学校法人関西学院が2017年日本建築学会賞(業績)を受賞

「学校法人関西学院が2017年日本建築学会賞(業績)を受賞しました!」

KGのキャンパス整備に関する取り組みが、2017年の日本建築学会賞(業績)を受賞しました。

「伝統的キャンパスの発展的整備 -関西学院・西宮上ケ原キャンパスのトータル・デザイン」という題名で、表彰されています。

おめでとうございます!

【QTE】  以下、学院のHPよりの引用です。

学校法人関西学院と、1970年代後半から1980年代にかけて実行された学生施設・教育施設の整備計画などの策定から今日に至るまで、一貫して関西学院のキャンパスや建物の設計業務を担ってきた株式会社日本設計は、一般社団法人日本建築学会より2017年日本建築学会賞(業績)を受賞しました。

 この日本建築学会賞は、建築に関する学術・技術・芸術の進歩発達と、日本の建築文化を高めることを目的に、建築に関する特に優れた「論文」・「作品」・「技術」・「業績」に対し授与されるもので、2017年は、論文部門10件、作品部門2件、技術部門2件、業績部門は関西学院を含め4件が受賞しました。
 今回の受賞は、関西学院西宮上ケ原キャンパスが、1929年の創建以来の設計思想を継承しながら、現在の大学に求められる施設の機能向上を的確に行ったことが評価されての受賞です。また、創建以来の基本的な骨格や景観の維持と施設・設備の機能向上の追求が対立するのではなく、両方をキャンパスにとって必要な事業として整備してきた関西学院の取り組みが、今後のキャンパス計画の好例になると期待されています。

【UNQTE】 .

日本建築学会からの発表はこちらです!

学院のHPのプレスリリースはこちらです!
スポンサーサイト

| 学校・教育 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年も大学のキャリアゼミAの支援に行ってきました!

みなさん、こんにちは。西堀です。
先日、行われた大学のキャリアゼミAへの支援にいってきましたので、この場をお借りしてお話しします。

「キャリアゼミAに参加して」
西堀 永(H10年法学部卒、三日月塾第8期)

 6月13日(土)、西宮上ヶ原キャンパスで行われた「キャリアゼミA」に関学OB/OGの1人として参加させていただきました。

 三日月塾の卒塾生で新月塾の講師でもある森隆史さんが担当されている「キャリアゼミA」は全9回講義で、私が参加させていただいたのは、第8回「社会人とのセッション」でした。

 私が参加したセッションは大きく2つのパートに分けられ、前半は「ビジネスプラン発表」。
7名ずつのグループに分かれて、「関西学院の教育理念にふさわしいグローバルな事業内容で、2015年9月28日に株式会社として起業する」ことが、第6回講義に課題として提示されて以来、わずか2週間という限られた期間内で検討が進められてきました。
インプット中心の通常の講義スタイルとは異なり、起業に必要な知識(株式会社設立の必要要件など)をはじめ、事業アイデアの発想・具体化など、すべて自分たちで知恵を絞り情報を収集・取捨選択してビジネスプランにまとめていくプロセスに苦心している様子が垣間見られました。
当日のプレゼンテーションでは、「関西学院の教育理念とは?」「グローバルとは?」それぞれの命題に向き合う内容に加え、具体的な事業計画についても、資金計画1つとっても、最近のトレンドであるクラウドファンディングや若者・女性向け起業融資制度の活用などチームごとに多種多様な手法が見受けられるなど、「考え抜く力」を発揮していると感じました。一方で、強いて言えば、「あれもこれも伝えたい」という思いが強く、「何を伝えたいのか」がボヤけてしまったチームも見受けられたのがこれからの課題でしょうか。

 後半は私をふくめた関学OB/OG4名による「パネルディスカッション」。
森さんをコーディネーターとして、「学生時代の過ごし方」「現在の職業を選んだ経緯」「仕事の内容」などについてお話をさせていただきました。OB/OG4名ともに「転職経験なし」という共通項はありますが、職種や業種も異なっていて、ものの見方・考え方の違いに触れることで、現役学生にとって何らかの「気づき」の機会となっていることを願っています。

 今回、自分自身にとってもキャリアの棚卸をすることで、学生時代に描いていた意気込みや想いにも向き合う良い機会となりました。社会人として駆け出した頃の初心を忘れずに現役学生のバイタリティに負けないように、駆け抜けていきたいと思います。

| 学校・教育 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「スーパーグローバル大学創成支援」に採択されました!

 昨日(9月26日)、各新聞で掲載されたので、ご存知かもしれませんが、
平成26年度文部科学省「スーパーグローバル大学等事業 スーパーグローバル大学創成支援」(タイプB:グローバル化牽引型)に、関西学院大学の構想「国際性豊かな学術交流の母港『グローバル・アカデミック・ポート』の構築」が採択されました。

 「スーパーグローバル大学創成支援」は、高等教育の国際競争力の向上を目的に、世界レベルの教育研究を行うトップ大学(タイプA)や国際化を牽引するグローバル大学(タイプB)を重点支援する国の施策です。今年度の新規事業で、タイプA、タイプB合わせて37校が採択されています(申請大学数は104校)。Bタイプ採択校24校のうち、関西の私立大学ではKG含め2校が採択されました。

 就任以来、村田学長が様々なところで話されているとおり、関西学院は創立以来、キリスト教主義教育に基づく全人教育を掲げ、学生一人一人を大切にし、少人数教育やゼミ教育を伝統的な強みとしてきました。今注目のアクティブラーニングについても、経済学部など複数の学部で昔から取り組んでいます。また経済界で活躍される同窓の先輩方のサポートを得たキャリア教育も早くからやっています。従って、村田学長は、本学の教育体制は、今回採択された「グローバル大学」申請のために作ったものではなく、関西学院が最初からやってきたことなのですと言われています。

 もちろん、今回の文科省から採択を受けたことによって、客観的に、関西学院のこれまでの教育への取り組みに高い評価をいただいたということですので、大変喜ばしいことです。これまでも、そしてこらからも連綿と続いていく様々なプロジェクトを力強く推進することに役立つでしょう。創立125周年を迎える9月28日を前に、これ以上のうれしいニュースはありません。

 みなさんでお祝いしましょう!

学院からの発表はこちら!

スーパーグローバル大学創成支援 採択校一覧(日本学術振興会)

文部化科学省の発表はこちら!

| 学校・教育 | 09:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グローバル人材育成に関して大阪府教育委員会と包括連携協定を締結!

学院のHPでも発表されましたが、good newsですのでご紹介します。

 KGと大阪府教育委員会は4月30日、大学と高等学校が抱える教育の課題を連携して対応することで、教育・研究の充実と発展に貢献することを目的とした包括連携協定を締結しました。

 グローバル人材育成が急がれる現在、意欲の高い優秀な高校生が国際化に触れる機会を得ることは非常によいことだと思います。また、今や様々な大学が高大連携に取り組んでおり、優秀な学生を確保し、なお且つスムーズに高等教育課程に継続できるように、大学側が高校に出向き授業を行うことは珍しくありません。

 今回の大阪府教育委員会との包括提携によって、関西学院大学は、KG高等部と同じように、スーパー・グローバル・ハイスクール(SGH)に指定された大阪の府立高校に対して、KGの大学の教員を派遣し、グローバル人材育成を目的とした授業を行います。また、SGHの高校生達は、KGの大学の主催する様々な国際的なセミナーやプログラムにも参加できるようになるとのことです。

 村田学長は、「関西学院大学はそもそも宣教師によって設立され、創立時から英語での授業を行うなど国際性を特色としていました。文部科学省の“国際化に重点を置く大学”として『実践型“世界市民”育成プログラム』や『大学の世界展開力強化事業』など様々なグローバル化推進プログラムに採択されています。大阪府教育委員会と連携することで、日本のグローバル人材育成に寄与したい」と抱負を述べられています。

 創立以来の国際性というKGの強みを一層強化する、この大胆な取り組みの実現にご尽力された皆様に、心より拍手を送りたいと思います。125周年を迎える記念すべき本年、次代の学院の発展に繋がる、このような素晴らしい取り組みをどんどん実現されることを祈っております。

学院の発表はこちら!

| 学校・教育 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

関西学院高等部がスーパーグローバルハイスクールに選ばれました!

各種新聞でも発表されたのでご存知の方も多いと思いますが、3月28日付で、関西学院高等部は今春、文部科学省における国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を目的とした教育活動を実施する高等学校および中高一貫教育校支援事業「スーパーグローバルハイスクール」の指定校として採択されました。構想名は『国際化重点大学との高大連携による実践的課題解決能力の育成』だそうです。

「英語の関学」の本領発揮、誠におめでとうございます。

高等部からの発表はこちらです。
関西学院高等部がスーパーグローバルハイスクールに選ばれました!

文部科学省からの発表はこちら!

指定校56校はこちら!

| 学校・教育 | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT